氷河期世代のぼやき

言いたい放題

googleって終身雇用なの?

8月2日(火)の虎ノ門ニュースに、百田尚樹氏と上島嘉郎氏が出演していた。百田氏は、著書を買ったこともあるし、国防とか憲法改正とか、実に鋭い指摘をされているし、嫌いではない。でも、俺は単なる派遣のエンジニアだから経済のことは詳しくないが、上島氏と百田氏が出演したときはいつも、経済の話になると「ちょっとずれているのではないか?」と思うことがよくある。

 

一言で言うと、「あの頃の日本経済は良かった。今こそあの頃の古き良き日本を取り戻そう。」と言った主張のようだが、これはバース、掛布、岡田のバックスクリーン3連発をいつまでも熱く語るタイガースファンのように見えてくる。

 

8/2の虎ノ門ニュースでは、会社は株主のものではないとか、世界のトップ企業が終身雇用を取り入れているとか言ってたけどホントなの? 参院選でも参政党が「会社は株主のものではない。」と盛んに宣伝していたけど、どう考えても会社は株主のものだと思うよ。だって、株主に出資してもらって経営しているんだし、どんなに世の中が変わっても金を出す人が偉いに決まってるんだから、会社は株主のものに決まっているんじゃないの? 「会社は株主のもの」なんて、「プラスチックの原料は石油」ということと同じくらい当たり前のことだと思うよ。

 

「世界のトップ企業が終身雇用を取り入れている。」と言う主張で、「googleもそうやっている。」とも言っていたが、googleが終身雇用なんて聞いたこともない。googleのことについて触れたのは番組の終わりごろにちょろっと言っただけだからgoogleが終身雇用かどうかの真偽は定かではないが、大筋としては、「終身雇用はすばらしい。日本が捨て去ったこの制度を世界のトップ企業が取り入れている。googleもそうだ(だから、一度捨て去った終身雇用をもう一度復活させよう。そうすれば日本経済はうまくいく)。」という主張のようだ。かっこ内は、はっきりとそう言ったわけではなく、そう言いたかったのだろうという俺の推測に過ぎないのだが、厳密に言うと、捨て去ったのではなく、維持できなくなったというのが正解なのではないか。高度経済成長期のようにほっといてもガンガン経済成長しているのなら毎年売り上げは上がっていくし、どんどん人も採用しなければならなくなるから、そのような時期だと終身雇用がマッチしていたのだろうが、それがだんだん維持できなくなったから終身雇用が壊れたのではないか。俺に言わせれば、「終身雇用を復活させよう。そうすればうまくいく。」なんて、末期がん患者に「がんを直そう。そうすればうまくいく。」と言っているようにしか思えない。

 

左翼の「日本はひどい国だ。」という主張も嫌だが、保守の「日本は素晴らしい国だ。」という主張にもついていけない。もっと、世界からどう見られているのかを分析し、世界標準に合わせていかないと、給料が上がらないとか、海外から労働者がやってこないと言った問題は永遠に解決できないと思う。日本だけ鎖国して一国だけでやっていくのならそれでもいいが。そんなことは不可能だろう。

将来的には氷河期世代の収容所のようなものができるのではないか

安倍 元首相が暗殺された事件について、山上容疑者が氷河期世代に当たり、いわゆる「無敵の人」だったのではないかと指摘する人がいる。それだけが原因とは言えないだろうが、確かにある程度は当たっているのだろうと思う。

 

president.jp

 

丁度、秋葉原の事件で死刑が執行されたばかりだが、この事件が起きたころから「無敵の人」問題が指摘され始めて、3年前に登戸の事件や京都アニメーションの事件が起きたあたりから、この人たちを何とかした方がいいのではないかと盛んに言われ始めたように記憶している。

 

事件を起こすのは氷河期世代に限らないけど、日本では一度落ちてしまったら這い上がれない、敗者復活の難しい国だし、一度でも転落して非正規雇用が長く続くと、低賃金で楽しいことなど何もない、「ただ生きてるだけ」のような状態に陥ってしまうことになりやすい。

 

女性であればいやらしい職業に就くなどで収入の面ではまだ何とかなるかも知れないが、男はそんなことは無理だろう。職に困ったりして貧困に陥ってしまい、将来に絶望した場合、女性は自傷行為などで内側にエネルギーが向かうことが多いらしいが、男性は犯罪という形で外側にエネルギーが向かうことが多いらしい。山上だって充分な収入があって家族もいればこんな事件は起こさなかっただろう。青木雄二が言ってたように、犯罪の原因に貧困があるというのはどうやら間違いなさそうだ。

 

しかし、だからと言って今さら氷河期世代を何とかしようにもすでに手遅れだ。今はどこも人手不足らしいが、この世代は先頭がすでに50代に突入しているし、スキルもなにもなく、歳だけとっている人たちなどどこが採用するのか。あと10年もすれば60代に突入するから生活保護が急増するだろうし、親の死亡を隠して年金をもらい続けるなどの犯罪や逸脱的行動だってこれから増えていくだろう。

 

さすがに国もこのような状況を何とかしようとするはずで、多少のコストはかかるが、生活保護を支給したり犯罪を起こされたりするよりはマシだとの判断で、全国各地に氷河期世代の収容所のようなものが作られるのではないか。そこに収容されると、「最低限の衣食住は保証するから、犯罪は起こさないでね。」と、ただ生かされるだけの毎日を送ることになりそうだ。

格差が続いて欲しいのは立憲民主党の方では?

 

news.yahoo.co.jp

安倍 元首相が亡くなった。7/8の昼休みに食堂で昼食を済ませて自席に戻り、スマホでyahooのトップページを見たときに、安倍元首相銃撃のニュースがデカデカと表示されていたから「オイ 何かの間違いだろ?」と心の中で叫んだものだった。結局、夕方には死亡のニュースが流れてきて、「残念だけど ひとつの時代が終わってしまったかな。」と思った。

 

振り返ってみると、第二次安倍政権がスタートしたときはちょうど会社を辞めた直後だった。当時38歳だったからなかなか就職が決まらず、「何がアベノミクスだ。」とニュースを見て冷ややかに反応していた。

 

なかなか就職は決まらなかったのだが、無職生活は半年ほどで終わり、2013年6月からは派遣社員として働き始めた。それから9年以上経過しているが、途中で派遣先は何度か変わっているものの、いまだに同じ会社で働くことができている。それ以前は一番長い会社でも2年10カ月くらいだったから随分長いし、今はこれまでの人生で最も貯金が多いから、アベノミクスとの直接の因果関係は分からないけど第二次安倍政権にはいい印象を持っている。だからと言って安倍総理のことを熱烈に支持していたというわけでもないが、アベノミクスの初期のころは雇用の流動化をやろうとしていたから、当時はひそかに期待していたものの、世論の反発等もあって引っ込めてしまった。

 

それにしても、石原 元都知事が亡くなったときもそうだったが、安倍 元首相が亡くなってから、死人に口なしとばかりに、モリカケ サクラの疑惑が明らかになってないとか、虚偽答弁118回とか、アベノミクスで格差が拡大した、とか故人への攻撃が始まった。「安倍政権の功罪を検証する」なんてテレビ番組もやってたようだが、おそらく、功は一切取り上げずに、罪ばかり取り上げたのではないか。モリカケ サクラは罪でも何でもないと思うが、5年以上もかけて追及してきて何も出なかったのだから安倍さんは何も悪いことはやってなかったのだろう。虚偽答弁118回なんて言ってるけど、そりゃ やってない人に「やっただろ」と聞くと「やってません」と答えるに決まっている。それが118回続いたことを虚偽答弁と呼んでいるだけではないか。5年以上も証拠もなしに、「疑惑だ。疑惑だ。」と追及し、疑惑を否定されると、今度は「疑惑は深まった。潔白を証明せよ。」のテンプレートが発動される。単純な話、ないことの証明はできないんだから、悪いことをやったと主張するのなら、やったことの証拠を突きつければ済む話じゃないの?

 

それに、アベノミクスで格差が広がったなんて立民の代表が言ってたようだけど、どう格差が広がったのだろう。具体的な事例を示してくれないと広がったかどうかの判断もできない。おそらく、金持ち優遇政策が続いたとでも言いたいんだろう。そりゃ、格差はいつの時代にもあるんだろうけど、どっちかと言うと民主党政権時代の方が、円高を放置して国内産業は大打撃を受け失業率も高く、格差はひどかったと思う。そもそも、立憲民主党なんて労働組合に支持されている政党だろう。非正規雇用から搾取して、正規/非正規 という格差をこのまま続けようとしている連合に支持してもらっていて、本音は格差が大好きなくせに、「格差が広がった。」などとは言わない方がいい。

いらないものを勧めるな

最近、格安SIMをHISモバイルに乗り換えた。その前はBIGLOBEモバイルを1年ほど使用していたが、その前は楽天モバイルを5年ほど(途中でMVNOからMNOに変わったが)使用していた。

 

なぜ楽天モバイルをやめたのかと言うと、楽天中国企業の出資を受けることになったから。俺の情報が中国企業を通じて中国共産党に流れでもしたら嫌だし、楽天モバイル以外にもトラベルや市場など使用していたが、楽天のサービスは全て解約し、アカウントを削除することにした。

 

そこで楽天モバイルの代替としてBIGLOBEモバイルに乗り換えることにしたのだけど、3ギガで充分と思って3ギガを契約した。俺は、スマホは職場の休憩時間や電車の移動中や実家に帰省したときにニュースを見る程度で、それ以外はほとんど使うことはない(自宅ではパソコンを使う)から、最初は3ギガで足りていたけど、ここ3カ月ほどはなぜか足りなくなってしまい、かと言って容量を追加すると100MBで330円も取られてバカ高いから、7ギガで安いHISモバイルに乗り換えることにした。

 

BIGLOBEモバイルの品質に特に不満はなかったが、開通してから2カ月ほどの間、電波は掴んでいるのに通信できない不具合が発生することがあった。スマホを再起動すると通信できるようになったりするし、2カ月を過ぎるといつの間にかこの問題は起きなくなった。自然と問題が起こらなくなったからいいんだけど、なぜ起こってなぜ起こらなくなったのかいまだによく分からない。

 

ちょうどそのころ、日曜の夜7時ごろBIGLOBEから光ファイバーの勧誘電話がかかってきた。格安SIMだけだと利益が出ないから他のサービスも契約させようとするのは理解できるが、住んでるのはレオパレスで独自に光ファイバーを引くなど不可能だから断った。

 

しばらくは勧誘の電話はなかったが、それから5カ月ほど経過したらまたかかってきたから今度は出なかった。それ以降もちょくちょく電話がかかってきたが、一切応答しなかった。以前断ったときに、「レオパレスは独自にプロバイダと契約することはできないし、レオパレスに住んでる人は住所に"レオパレス"が入ってるから、そんな人に光ファイバーの勧誘なんかしない方がいいよ。」と教えてやったのに、なんと無駄なことをするもんだと思う。厳密に言うと、電話に出てないから要件はよく分からないが、メールやチラシなども届いていたし、どうせまた光ファイバーの勧誘だったのだろうと思う。しかもその案内を見ると光ファイバーは3年契約で、安いのは最初の1年だけ、あとの2年間は結構な料金だったから、「なめてるのか。」と思った。

 

それに、BIGLOBEモバイルは申し込んだ覚えはないのに勝手にau idとかGポイントに登録させられていた。だからHISモバイルに乗り換えた後でGポイントは退会したし、BIGLOBEのアカウントも削除したし、au idもBIGLOBEモバイルの支払いが全て終わったらさっさと退会する。

 

HISモバイルはプロバイダなどやってないだろうから光ファイバーの勧誘などしないだろうし、BIGLOBEモバイルと違って使用状況を知るためのアプリや通話アプリも不要だからすっきりしてていい。

 

3年前にも、当時契約していたプロバイダ(BB.excite)からひかりTVの勧誘があって、いらないと言ってるのに無理やり契約させられて頭に来たことがあったが、欲しいものがあればこちらから申し込むから、いらないものを勧めるなと言いたい。

 

それ以前に、電話でいろいろ勧誘するのはやめろと言いたい。電話は出てみないと要件は分からないし、出たら一方的に時間を奪われるだけだ。勧誘する側は給料もらってやってるからいいが、こっちはタダで応答させられるから、こんなに不公平なものはない。どうしても電話したいのなら、「この日の〇〇時ごろこんな要件で電話します。」と事前に知らせてこい。DELLcyberlinkadobeなどのアカウントも持ってるが、こちらは電話など一切してこない。日本の低い生産性が問題視されているが、無駄な電話が多いことも一因なのではないか。

非正規雇用が急増したのは正規雇用を守るための弾除けが必要だったから

また 小泉・竹中は悪という記事に対して、ピントのずれたコメントが寄せられている。

 

news.yahoo.co.jp

 

どうやら、「小泉・竹中のせいで格差が拡大したが、記者としてその片棒をかついでしまった。」という記事に対して、「小泉・竹中はけしからん。」というコメントが寄せられているようだ。

 

小泉・竹中時代に派遣労働の規制緩和がなされたのは事実だろうけど、それは正規雇用者を賃下げや解雇から守るために仕方なくやったことなのではないか。会社の売り上げなんて来月どうなるかも分からないような不安定なものなのに、正規雇用者の賃下げや解雇を禁止している今のルールがおかしいから、小泉・竹中がなんとかしてこのルールを変えようとしていたのだが、当時は団塊世代が定年直前で、数が多く声も大きいこの世代を無視することはできず、彼らを守るために非正規雇用側だけの規制緩和が実現してしまったように記憶している。

 

コメントを見ると、「安上りでいつでもクビにできる派遣労働」なんて勘違いしている人を見かける。でも、派遣社員自身はそんなにもらってないかも知れないが、派遣先は派遣元に対して手数料を含めた金額を支払わなければならないから決して安くはない。ではなぜそんなことをするのかというと雇用調整のためだ。会社の売り上げは不安定なものなのに、正規社員に対しては安定した給料を支払い続け、しかもクビにもできないとあれば、正規社員の周辺に非正規社員を弾除けとして配置しなければならない。

 

これを解決するには実に簡単なことで、正規社員にも賃下げや解雇をやりやすくすればよい。会社の売り上げは不安定で雇用調整が不可欠なのに、正規という枠を作ってそこを規制でガチガチに固めるから、規制から逃れるために非正規ができた。

 

規制から逃れようとするのはビールや軽自動車などが典型で、ビールを規制するから発泡酒ができ、発泡酒を規制するから第三のビールができた。でもアルコールの度数で課税すればこんな問題は起こらなかった。軽自動車だって、普通車を規制するから軽自動車ができたわけで、サイズや排気量ではなく、燃費で課税すればよかったのではないか。イギリスでは窓に税金をかけた時代があったそうだが、その時代は窓のない家が多かったらしい。

 

このように、規制をすればするほど規制から逃れようとして奇妙なものが生み出されるから、正規/非正規関係なく、柔軟に雇用調整できるようにすればよい。雇用調整が簡単な海外では非正規雇用は日本ほど問題になっていない。プロ野球選手に正規と非正規の区別があるだろうか。いい加減、正規や非正規の身分制はやめるべきだ。

失業中は金曜が嫌いで月曜が好きになる

俺には6年以上無職で一人暮らしの友人がいる。6年前の時点で貯金が250万円ほどあると言ってたが、その友人は車を持っているから、一人暮らしで家賃、食費、光熱水費、通信費、車の維持費などどう安く見積もっても月10万円はかかって、250万円の貯金など2年で底をついているはずなのに、一体どこからお金が沸いているのか疑問に思う。

 

厳密に言うと、無職かどうかははっきりしてないのだが、「お前 仕事何やってるんだ?」などと問いただすわけにもいかないし、会うときはいつも平日だし(こっちは有休を使う)、普段も平日に出歩いているようだからどう見ても仕事しているようには見えない。

 

だから、貯金が無くなったと思われる時期からどうやってお金を得て生活しているのか気になっているのだけど、借金をしているとか、親から仕送りを受けているとか、離婚した元奥さんから慰謝料もらっているとか、インターネットで収入を得ているとか、宝くじが当たったとか、あとはこんなことはないとは思うけど空き巣をしているとか。

 

借金については最初は喜んで貸してくれるだろうけどある程度の期間が過ぎると「金返せ」と迫ってくるだろうから考えにくいし、仕送りについては40過ぎた子供に仕送りする親などいないだろうし、離婚の慰謝料についてはあっても月数万円程度だろうし、ネット収入についてはパソコン持ってないからなさそうだし、宝くじはそんなに当たるものじゃないし、空き巣に入るような行動力や勇気があるようには見えないし、かと言って「お前 どうやって生活しているんだ?」なんて聞けない。一番現実的なのは仕事してないように見えて実は夜にアルバイトしているなんてことも考えられるけど、どうやっても働いているようには見えないし、その割には金に困っているようにも見えないし、謎だ。収入源を問いただすわけにもいかないし、かと言ってこの問題を放置しているとそのうち「金貸してくれ」なんて言われかねないし、頭の痛い問題だ。

 

それはともかく、よく6年も無職でいられるものだと思う。俺も人生で何度か失業したことはあるが、最初の一週間くらいは遅くまで寝ていられるし、自由でどこへども行けるから、うろうろしたりするけどすぐに飽きてしまい、次の週から仕事を探すようになる。でも、職探しを始めたからと言ってすぐに決まるわけではなく、応募できる仕事が見つかるまで時間がかかるし、応募しても採用試験を受けるまで待たされるし、試験を受けても合否が分かるまでまた待たされる。そうこうしているうちに1カ月、2カ月と過ぎてしまい、たとえ雇用保険の給付を受けていたとしても早く仕事したいと思うようになる。

 

普通に働いているときは、誰だって休みの前の日が一番楽しくて、仕事が始まる日が一番嫌になるもので、金曜が好きで月曜が嫌いになるものだが、無職だと、金曜になると「今週は何も動きがなかった」と気付いて嫌な気持ちになり、月曜になると「今週は何か動きがあるかも」とワクワクするから、逆に金曜が嫌いで月曜が好きになる。特に最悪なのがGW、盆、正月などの長期連休で、連休に突入したら決まってテレビやラジオがサービスエリアや駅・空港などで「どこから来ましたか。どこへ行くんですか。連休中どうやって過ごしますか。」などとインタビューしている。そんなインタビューを見るたびに無職で何もすることがない俺は暗い気持ちになる。しかし、連休が終わると職探しに進展があるかもしれず、逆に明るい気持ちになる。

 

幸いなことにもう9年近く同じ会社で働けているが、友人はよく6年も無職で平気でいられるものだと逆に関心する。体調が悪くて働けないなどの事情があるのなら仕方ないが、憲法に勤労・教育・納税の義務が規定されているから、働けるのに働かないのは憲法違反だ。国を愛する気持ちが少しでもあるのならまずは働けと言いたい。

GW・盆・正月が混むのはいいことなのか?

GWは実家に帰省していた。久々に行動制限のないGWになったということで空港やターミナル駅はどこも人でいっぱい。高速道路も渋滞していたようで、テレビでは「普段通りのGWが戻ってきた」とうれしそうに混雑する様子を伝えていた。

 

しかし、同時に、「GWや盆・正月が混むのは本当にいいことなんだろうか? そんな時期に働いている人たちは混まない時期はどうしているのだろうか? なぜ、特定の時期だけ混んでいて、それ以外の時期は閑散としているのだろうか? 」とも思った。

 

2010年ごろの民主党政権時代に、日本をいくつかのブロックにわけて長期連休を分散化させようと検討されたことがあった。しかし、国全体がばらばらになるとか、ブロックをまたいで工場や支店のある会社などはこっちは休みなのにあっちは仕事なんてことになり、結局誰も休めなくなるなどの意見が出され、実現することはなかった。

 

しかし、このような検討がされたことは今となっては完全に忘れ去られたことではあるが、いいことだったのではないかと思う。日本のようにみんないっせいに働き、いっせいに休むようだと、サービスを提供する交通機関や宿泊施設などがピークに合わせたキャパを用意しなければならなくなり、ピークではないときはもて余してしまい、無駄が多くなる。一方、休む側は休日にどこに行っても人がいっぱいで結局疲れてしまい、普段通りに仕事しているほうがよかったなんてこともある。

 

これが、休日を分散させることができれば、サービスを提供する側は年間を通して平均的に業務を行うことができるし、休む側はすいているときにサービスを利用することができるし、いいことずくめのような気がするが、なかなか実現しない。

 

それはやはり、日本の硬直した労働雇用慣行があるように思う。日本では賃下げや解雇などの雇用調整が難しいから人はなるべく少なくして、その少ない人たちに目いっぱい働かせようとする。そうするとどうしてもいっせいに働いて、いっせいに休むことになってしまう。だから、有給も取りづらいし、働きすぎの状況をなんとかしようとして国は祝日を増やし続けてきた。

 

そんなことしなくても、雇用調整をやりやすいようにしてくれれば誰かが休んでもいいように少し多めに人を採るだろう。そうなれば祝日も今のようにたくさんはいらなくなる。さすがに天皇誕生日建国記念の日くらいは残してもらいたいが、それ以外の祝日は廃止して、その分を有給に回してもらいたい。

 

どうせなら、これは極論になるが、今は大きな会社だと年間休日数は125日くらいだけど、日曜と天皇誕生日建国記念の日は休みにして、それ以外を有給にするくらいのことをしてもいいように思う。これに現状で毎年加わる有給10日を加算して、有給は年間80日で、日曜と天皇誕生日建国記念の日55日を足すと135日で今とイーブンになる。これはさすがに無理がありそうだが、もしそうなれば会社の稼働日が増えて雇用も増えるから、俺の理想はこちらだ。

 

「そんなことすると休暇を取って地元に帰省しても地元の知り合いの休みが合わずに会えないじゃないか」と反論されるかもしれないが、そんなときはその知り合いも一緒に休みを取ればいい。